遺産相続には必ず税理士さんに連絡するのですか?

Q、遺産相続をする時には、必ず税理士さんに話を通さなければならないのでしょうか?その上で財産の分割などをすることになりますか?

これまで遺産相続などについては自分で経験したこともなく、また身の回りにも経験した人がいないので、テレビドラマなどで見るしかありませんでした。
その度に税理士さんが必ず登場していたと思うのですが、遺産相続というのは絶対に税理士さんに話をしてからでなければ行えないものなんでしょうか?
税理士さんの知り合いなどもおらずどのように探せば良いのかもわからないのですが、遺産相続問題を解決していかなくてはならないため困っています。

税理士さんに連絡を入れてその場に立ち会ってもらうといた形で遺産相続を行っていかなくてはならないのでしょうか?
それとも自分たちで残された財産についてを考え、分割などをしても良いものなのでしょうか?
税理士さんを立てるのであれば費用も心配だし、いつまでも相続問題をそのままにしておくわけにはいかないので、早急に進めていかなければならないと思っています。
今すぐにでも税理士さんを探した方が良いのでしょうか?

A、必ずしも依頼する必要がありません。

遺産相続問題で税理士さんを立てるというのは分割協議においてトラブルが生じてしまい、うまく分割ができないといった場合や多額の財産が残っていて、相続税などについても非常に高額になってしまうといったケースになります。
またこの他には、遺言書が残っており、この遺言書の中遺言執行者として税理士さんの名前などが記されていれば当然税理士さんを立てることになりますが、そうでなければわざわざ依頼する必要はありません。

相続人が誰なのかによっても分割協議がうまくいくかどうかは違ってくるのですが、問題なく協議が行えてなおかつ、わからないなりにも税務署などで確認しながら、相続税についても解決できるようであれば、自分たちで行うことができます。
必ずしも税理士さんを立てるといった決まりはありませんから、なんとか自分たちで最後まで相続問題を処理できるのであれば税理士費用なども心配する必要はないでしょう。

財産の一部に現金だけではなくその他の物が含まれてくると、評価額や相続税の手続きなどについてもわからないことが多いため、こういった部分で自分たちだけで動くのが難しく、税理士さんにお願いするといったケースもあるようです。
相続問題を最終的に解決するまでには様々な手続きがあり、そのために必要な書類なども行ってしまいますので仕事を休む事も増えてしまうかと思われます。
こういった部分で税理士さんをお願いすることにより、自分で行うべき手続きなどを代行して貰えるメリットがあり、わずらわしい手続きなどが苦手で税理士さんに依頼するといったことでもあります。
このあたりの判断は、遺産相続を行っていくご本人たちの意思によるものですから、時間や手間を最低でも税理士費用を削減し、解決したいと思うのであれば特に必要ありません。
ただし反対に話がまとまらず、トラブルになってしまうケースや財産を勝手に使い込んだ者がいるなどのケースでは対処方法が変わってくるので税理士さんにお願いすると良いです。

また、状況に応じて弁護士さんを立てる必要なども出てくるため、こういった部分については実際の相続問題を進めながらどうしても困ったときには専門家に相談するようにしましょう。