被相続人の口座に使用していた印鑑が見つからない

Q、これから遺産分割協議を行っていきますが、被相続人が使用していた銀行口座の印鑑が見つからなくて困っています。

被相続人の財産についてこれから私たち相続人は遺産分割協議を行っていかなくてはなりません。
被相続人からの遺言書が残っており、口座に現金が残されていることも分かっています。
金額等については遺言書の中で指定されていたので、指定の通り分割するつもりでいるのですが、銀行が余剰金を引き出そうとしたところ、被相続人が使用していたはずの銀行や口座の印鑑が見つかりません。
この印鑑についてはどこに置いてあるのだと遺言書の中でも指示がなく、被相続人から来たことがなかったために思い当たる場所を色々と探してみたのですが、それでも見つけることができません。
そのため銀行預貯金を引き出すことができないのですが、どうすればよいのでしょうか?

印鑑が見つからない以上はこのまま預貯金を引き出すことができなくなってしまうのでしょうか?
それとも税理士さんなどにお願いすれば何か引き出せるような方法がありますか?
ひとまずは遺言書が残っていたので、税理士さんなどは間に入れず、自分たちだけで相続協議を行っていくつもりでいたのですが、こうしたケースでは税理士さんのアドバイスを求めた方が良いのでしょうか?

A、それぞれの銀行によって扱い方が変わってくるので確認しましょう。

一般的に銀行で使用した印鑑を紛失してしまった場合には、登録している印鑑を変更するといった形になりますが、被相続人の場合には口座を契約したご本人が亡くなってしまっているので簡単に印鑑の変更ができるかどうかは銀行によって違っています。
多くの場合で相続人全てが書類をそろえた上で銀行に提出することで、印鑑が変わっていても新しい印鑑に変更手続きをして預貯金の引き出しができるのではないでしょうか。

もちろんそれでもわからないことは税理士さんなどに確認してみるのが1番ですが、まずは銀行に聞いてみると良いでしょう。
ただし、相続問題ですから当然銀行での預貯金は1時的に口座凍結といった形になり、これを解除するためにも、相続人すべての署名や捺印が必要になります。
また、それぞれの相続人がどれだけの分与分を受けるのかについても銀行から指定の書類に記入して提出しなければなりませんので、この際におそらくは印鑑の変更手続きも行うことになるのではないでしょうか。
印鑑が見つからないからといってそのまま銀行口座に残っている預貯金が引き出さないということはありませんので、何かしら方法があります。

ただし、被相続人が亡くなってしまったことを銀行側に伝えた時点で口座凍結となり、前述の通りに相続人全員が署名捺印を下書類を提出することを求められますので、遠方に相続人がいる場合には、早い段階で連絡を取り、このような書類も準備できるように進めていきましょう。
銀行印がなくなってしまったような場合には原則的にご本人でなければ変更手続きなとはできないものとなっていますので証契約しているご本人が被相続人ということになれば、銀行側は特にシビアになることが考えられます。
その際にも遺言書などをしっかりと銀行側に提示できるように保管し、必要な書類に関しても事前に確認しておくと良いでしょう。

様々な事情によってまれに印鑑が見つからないといったケースがありますが、それでも一つ一つを確認しながら進めていくことで最終的には預貯金をしっかり引き出し無事に遺産分割が行えるようになっています。